ヘッドライン

トラウト エリア タキ

メインメニュー
電話帳QRコード
QRコード
アクセスカウンター

今日 :2323

昨日 :7171

総計 :272117272117272117272117272117272117

平均 :7272

フィッシングのコツ:タックル・・・

投稿日:2009年12月08日

今日はタックルのバランスについてご紹介します
バランスといってもロッドの表示を適正に使うだけ・・・と至って簡単
まずはロッドの対応ウエイト&ラインをご確認ください
例えば・・・
ロッドにLure1〜5g、Line:1〜4lbと表記があれば
ルアーは1g〜5gが使いやすい重さでラインは1ポンド〜4ポンドが使いやすくロッドの適正負荷とメーカーさんが推奨していることとお考えください

ここで5gのアイテムを1ポンドのラインで使いやすいか?
と言えばこれには無理があると思います(大抵はキャストでラインブレイク・・・)
逆に1gのアイテムを4ポンドのラインでは飛距離が出ない・アイテムの特徴を引き出してやれないなどバランスが悪いと思います
あくまでも各最小&最大値を表記してあると考えてください
アイテムが1gの場合私は1ポンド〜2.5ポンドのラインが扱いやすいと思います
5gのアイテムでは3ポンド〜4ポンドラインとそれぞれ選択して使い分ける方が扱いやすくロッドやラインへの負担も軽く済むと思います

その他にもラインの種類(ナイロン・フロロ・PEなど)によってもラインの太さやアイテムの重さの選択肢・扱い方は変わって来ると思います
細いラインの方が飛距離も出るし釣果も伸びますがラインブレイクのデメリットもあります
メリット&デメリットを考えてロッドとラインの選択・扱うルアーの重さなどバランスを考えて見てください
意外と釣果に結び着く場合があります

アイテムの特徴やロッドの特徴・ラインの種類や特徴など詳しくは販売店などで気軽に聞いてみましょう

※当管理釣り場は対岸までの距離が16m〜36mとなります対岸に人がいる場合はキャストには十分ご注意お願いいたします


これまでのイベント記事

印刷用ページ  このニュースを友達に送る

ログイン